[PR] 資格
身につけるもの | ヒビノコトバ
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT

LINKS
MOBILE
qrcode

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ひさびさに着るものの話題。
でもモードではなくて生活密着トーク。すんません。

   

なかなか今年は涼しい日々(ありがたい!&拍子抜け&調子
狂っちゃう)
なのだがきっといや確実に30度越えの日々がやってくるのは
(我が部屋にいたっては50度ちかく....うそ〜〜〜?)
逃れられないゲンジツであって...
去年の今頃はすでに栄養不足と疲れと暑気あたりでフラフラで
あったことを思い出す。
(今年は栄養に限っては300%大丈夫...すぎ
倒れたのは6月だったからー
今年は世界的に(すくなくとも北半球のあちこちの国では)
例年より涼しい春であったようだ。。。が
くどいようだが暑い日々がいまから恐い私は、
せっせと涼しいボトムスを探しているのである。
無印でみつけたフレンチリネンのゆった〜りパンツ
かなりかなり強い味方になってくれそうである。
麻独特のシャリ感が今の室内では寒いほど...笑
肌触りもよくお値段も有難く...ウヒヒ
ほんっとここ数年は麻混紡素材が目立つ。コットンだけでは
やり過ごせない気候になってしまった日本。。。
春にビームスボーイでみつけたフレアパンツはインド綿だったし...
私は本気でデニムを夏でも愛する人々に敬意を表す。
どうやったらおしゃれのためにそんな忍耐が...っとあがめずには
おれない暮らし&カラダになってしまった。

本日21時前ごろの西の空。
写真が最悪だが、三日月のような月の上に明るく光る星キラリ。
で、
まるで英語の小文字の だったのだ。
見間違い!?
というぐらい鮮やかな輝き方で月との距離感もピッタリ。
がイニシャルの女性はウレシくなったかどうかは知らないけど
(日本人だとジュンコさんとかかな。)
それはそれはキレイだった。



母の日...
旦那さんのおかあさんには香水をそうそうに
手渡したが実母には...
こちらにアソビにくるときいていたのでお花を
おくるのはやめていたのだがー
事情がかわって延期に。
えー
母の日どうすんの!?な事態に。
遅ればせながらなにげなくたちよったZARA。
数年前、大阪市内のお店に立ち寄ったことがあったが
お客が多くて商品がとっちらかっており、とても
買物する気になれなかった印象だった。
今回は田舎方面の店舗を訪ねたのでシックな雰囲気で
ハルトは大変だったが、まぁなんとかみれた。
縫製はともかく
こちらは花柄祭りで、久しぶりに私のなかに眠っていた
オンナファッション欲がかりたれられた。
「やせよかな...」
「ハルトがいてもヒールはいちゃおうかな...」
(いなくても滅多にはかないオンナであったのに)
なんてキモチがワクワクきてしまった。
ラテン風味なファッション...
好みな色合い&柄合いだったのだろうな。
写真は比較的おとなしめなシャツワンピース?だか
チュニックだか。
柄とデザインを見た瞬間、母の顔が浮かぶ
「すきそ〜〜〜〜」
で、母の日の贈り物は悩む事なく決定。
先日大喜びメールが届いた。
サイズが合わなかったら「もらいますので」とテガミを
そえたが無駄であったようで...
翌日着てでかけるとのことだった。

なんであれピッタリであったことはこちらのほうが
うれしくて。
なかなかプレゼントは難しいから。
着るものは特に。

あーセールになったら私もZARA買っちゃおうかな〜
(よしもとばななさんのツグミの表紙のような
 柄のチュニックがあったのだよねー
 花柄のブラウスも着る機会は遠そうだが気になるなーー)
| 身につけるもの | comments(2) | - |

私に最近許されたもの。
「アフターハルト」
そう、彼が寝静まった瞬間からスタートする貴重な貴重な時間である。
オシゴトがおわるアフター5だかなんだかより貴重な気がする...
というのは今までも就寝時間は1〜2時間前後するものの
かなり続けて寝てくれるようになってきていた...
が、一緒に私も討ち死に...してたのだよねー
アフターどころではなく 笑
今もあったりなかっただが...まぁ頻度があがってきた、かな。
とはいえあまりアフター活動に熱中してしまうと翌日、彼の
体力についていけず凹むので長くて2時間ほどであるー

とっっととアイロンなど家事をすませ、息をひそめて活動する。
雑誌をよむかーまぁ、たいていは録り溜めたCATVを観るぐらい
のことであるが...

昨日買い物につれていってもらいアフターをもりあげる
ホンモノのバブーシュのように高価でもないが
ひとときを大事に思えるお花スリッパである。
本体はフェルト。
日中のヘビーユースには御法度な柔らかさ。
台所も汚しそうなので禁止にしよー
ハルトが寝静まったらいそいそ取り出してテレビの前で
一人小躍り...ウヒヒ
すこしづつこんな時間を取り戻せるのかなぁ
秋だしなぁ...


急に寒くなったなぁ...
| 身につけるもの | comments(0) | - |
 母がクマモトから私とハルトの世話にきてくれている。
心底ありがたいことだ...
私は大分よくなったしモリモリ食べられるようになったが
夕方になると暑さやムッとした空気で横になりたくなる。
まだまだハルトの散歩にもいけないしなー
でも車で近場なら移動できるようになったし家事も
ぼちぼちできるようになっている。


数年間ためこんでいたイエのあちこちを片付けている。
ハルトの子守りを頼んでやっているともうほんと
あきれるほど服やらカバンやらものやら...
呆然
体力を消耗するので休み休みだがー


ためこんだ服をとりあえず分類して大きな紙袋に詰めて
洋服専門のリサイクルショップにもちこんでみた。
(車で5分だった もっと早くいけばよかったのにね)
40点でしめて1400円弱
やはり頂き物のマックスマーラのカバン(使用済み)
とH&Mのカットソーが500円で最高額。
あとはノンブランドやら流行遅れやら...で10円だったり
30円だったり
が、積年のモノをお金までくれてひきとってくれるなんて
有難い限り
かなりスッキリした。

キケンだなーっと
思ってはいたが、査定が30分ほどかかったので店内を
みてしまったのがよくなくてー
ミドリ色のワンピ(チュニックかな)を購入してしまった。
680円
新品同様
葉っぱみたいな総柄のポリエステルのフワフワ
私には若いブランドのだったが
セールで半額だったし思わず。
処分しにきて買うなんて...ね
母の
「いいじゃない!安い!安いよ!caoriちゃんぽいし!」
という意味無しワッショイもかなり効果アリだったかも...

ま いいか

それにしてもいれかわりたちかわりお客さんモリモリ
結構こだわっておしゃれしてそうなカンジの方もいたりして
コチラまでウレシくなる発見もありつつ。
みんなこんなところで不況と戦いつつ
前向きに楽しんでいたのねー
なんてはじめて知ったのだった。

| 身につけるもの | comments(0) | - |
梅雨入りしたそうで。 
そんな晴れ間にみわたす水田の美しい事。。。
田がウツクしいなんてことすらきづかずに
イライラ生きて いたのだろうか...なんて思いめぐらしつつ。 
雨上がりの澄んだ世界に空を写す水面から規則的に植えられた
ミドリイロの稲... 色んなものが反射したりうつり込んだりして
いる。 アスファルトの道路の横にこんなにも水をたたえた空間
が あってそれは私達が主食とするものが育って行くなんて... 
... それにひきかえ私の自己メンテナンスの不完全さと 
いったらない
... 年齢が年齢なので感情や疲れが如実にお肌や表情に
 あらわれるー ひー おまけに美容院にもいけてないので 
最高にイケテナイオンナ、ひそかに田舎で
こっそり大公開中である...
誰もみてないがー  

  

ついに手鏡ですらハルトチェックがはいって日焼け止め
すらぬれないので... 
お蔵入りしていたモロッコのちいさな鏡の登場〜 
なんでもあるなーこの部屋〜 
大好きで購入したものが再び日の目をみれてさらにウレシい。
 ダッコしてハルトもうつしてやると大きく映る鏡と違ってか う
れしそうにはしゃぐ。
 鍵穴みたいでなんだか楽しいもんね。
 
 

そして顔よりさんざんなことになっているのが 足の裏、
である。 裸足で家のなかを走り回るのがイカンようで〜 
ひび割れ皮剥け....見た目もさることながら痛い! 
マークス&ウェブを愛用していたが全くおいつかず〜 
ハンドクリームとして優秀だった 
ニュートロジーナ ノルウェイフォーミュラ 
ってなクリームを使ってみている。 香りもなにもない。 
ひたすらに保湿、保護。 
あれほどひどかったのが1日で改善されてきたー 
私の足の裏レベルになると雰囲気とか使用時のうっとり感とか
そういうものはさておき実用一辺倒で。 
効果あるかないか白か黒か それのみだ。 
最近、ハルトの世話以外はそういうかんじだなー 
たっくさんの闇雲になったものを高速で仕分けてやっつけるカンジ... 
仕事や勉強でこのペースを発揮できていたらもうすこしよい収入が
得られただろうになぁ... なんて今更。笑 
わりと後で気づくばっかりな人間である。 
ま、 生きてるうちだったしいいかー
| 身につけるもの | comments(0) | - |
今日は初節句だったけれど
そのオハナシはまたこんど〜にしようかな。
写真を編集する余力無し。
ヘタレママ。

このあいだ思った事
どうしてもどうしても動き回る赤子をおいかけ
ダッコして世話をするには〜〜〜
コットンのしかもヘビーな摩擦に耐えうる生地
の動きやすい服装ばかりな日々。
ヨダレ前線も停滞中だし。
冬なんてフェリシモの160サイズのコドモ服で
みつけたキュロットを色違いで2枚購入して
ガシガシに着倒した。
毎日毎日はいた。
何も気にせずひたすら赤子に集中できた。
まさにワークパンツのような2枚だった。
見事足のももや膝まわりには古着加工のような
ピリング(毛玉)がわさわさ。
春になって化繊のテロリとしたオンナらしい
シルエットのカットソーに袖をとおし
ハルトをダッコしていたら〜
1日で胸元が小さなピリングでいっぱいに。
もったいな〜〜〜〜
子育てにオシャレは御法度か。
が、
バイトしていた2年前に購入したちょっとキレイ目な
仕立てのしっかりした白地にブルーのシャツを
きてみる。
アノ頃よりウエストがスッキリ☆なんてオマケ
もあったりして。

断然顔映えが違う!

オンナ、ガンバらないとってな気分になれる。
ちょっと華奢なネックレスで首もとを飾りたく
すらなってくる。
誰もみてくれないのにっっ
(やってみたらハルトにひっぱられ没)

おしゃれって
オンナって
こういうの大事。
ほんの少しやる気がでる服って大事。
前はあったりまえに着ていたものだけど
家にばっかりいる今だからこそ
たまにはちゃんと着なくては。
リラックスばかりしていたら顔まで
おしりまでダルダルになってしまうわ。
なんて思ったりして。
ちょっとキリリとできるシャツは私には新鮮だった。
汚したくなければエプロンをしてしまえばいいのだ。
でもやっぱり素材がヤワな服は大事にしまっておこう。
今は今着れるものを着て楽しもう。
が、
あまりラクをすると顔もボディラインもそれ以上に
そんなになってしまうから
(なっていますが 既に)
そんな匂いだけのオンナになってしまうから
たまにはキリリ、かな。
私はそうありたいと欲張ってしまうかな。
人によってありたい姿は違うけど。
気分がよくなるものであればいいのかも。

| 身につけるもの | comments(0) | - |


高校時代の友人のモモちゃんがお祝いにきてくれた。
早くから会いにきたがってくれていたのに私が赤子
のペースをつかめず延び延びになってしまっていた。
ハルトはモモちゃんを好きになったようでにっこにこ
よかったよかった
モモちゃんは5歳の男の子を育てる先輩ママなので
あれこれおしえてもらえて助かったー
経験ってすごいなぁ
そしてお祝いギフトにも彼女の気遣いが...
これはロクシタンのママとベビーのためのコスメ
らしい
バームはやさしい使い心地 ハルトにはお試し中。
ミストは化粧水でシュッと一吹きするとぱーっと
やわらかなよい香りに包まれる。
香り...
これが産後とんと縁遠くなってしまったアイテムの
ひとつだ
私は香水が好きでわりとよく使っていたほうなのだが...
リフレッシュしたくて手持のものからなるべくサワヤカ
なのを選んでつかってみたことがあったが
なんともいえない違和感を感じて却下。
赤子連れでナイトスポットにオジャマしちゃったような
とにかくうまい例えがみつからないが心地悪いのだ
以前は全く気にならないほどサワヤカに感じた香りで
すら
官能的すぎる
というのか
気後れする
というのか
余分
というのか
いやむしろ
別人
というのか
すっぴんでドレスというのか
ミスマッチにもほどがあった

それが、このいただいたミストなら...
とっても心地よい
こういうのがあるのだなぁっと感心
ベビのためのギフトも有難いことにたくさんいただいたが
私のために...なんて...泣けるなぁ
自分でも物欲がなくなってしまうし
後回し後回しで別に辛いわけでもなくなって
しまっていたのかもしれないから...



久しぶりといえば菜の花のパスタ
田舎なので菜の花のほうは手に入るが...
アンチョビがないなーっと思っていたが
いつもお世話になってるス−パーにキューピーさん
のがちゃんとあった
いつもは輸入食材店でイタリアの瓶詰めのものを
購入していたがキューピーさんの缶入りのものも
しっかりしていて美味しかった
イワシのカタチもキチンっときれいだし...笑
菜の花のパスタを食べる季節になったのだなぁ
なんて今年ももう2月すぎようとしているなんて

アレコレ、のほうだが
ハルトは6ヶ月になった
ありがたいことに病気もなく...
最近は一緒にいて楽しいことのほうが格段に増えた。
男子だからこれからが大変だと皆に脅されるのだが
(走り回るらしいので...恐いわ)
まぁ、今は今のかわいさをたのしんでおこう。
誕生前から一眼レフをかおうーかおうーっといいながら
お金はちゃんと確保しておきながら
忙しくて買いに行けずーあっというまに6ヶ月
古いデジカメちゃんがよく頑張ってくれていたが
最近オンにするたびに
「何日の何時でしたっけ」
ときいてくる
シャッターチャンスなんてどんどんすぎてしまって
笑っていたコだって泣き出すよ
ピクセルも最小になってて散々撮影したあとで
荒画像ばっかりでガーンとなったり
寿命やなぁ...っと思っていた
ある晩旦那さんがニコンをかかえて帰ってきて
「はい、あげる」
「おお!こりゃ、どうも」
ってなわけで私のニコンになった
いや、ま、家の備品なのだが
当座は私がハルトの撮影係であるので

過去にミノルタの一眼レフで遊んでいたコロがあるが
(今もゴミ屋敷ルームに眠っているが)
デジタルははじめて。
やっぱりちがうなーーー
普通のデジカメもトイカメラも大好きだが
これはこれのよさがあってシャッターをきる感じが
やっぱりちがうなー
あ、シャッターをきるカンジが一番なのは
トイカメラかもしれないけれど
あのチープなパチリもまた復活したいものだ
ホルガ...触ってないなぁ

| 身につけるもの | comments(0) | - |
ハルトが枝のように生えているような日々
ふとひとりになると〜〜〜
なんだか物足りない
来週で生後約半年になるのだが30年以上彼なしで
生きてきたのにこりゃどうしたことか
最近こんなことばかりかいてるなー
まぁ それもそのはずで
サイショはただただ彼のペースにつきあうことが
(彼がかわいいとか母親としてどうだとか
 そういうことはさておき)
経験のないことでこのまま自分の時間はどうなって
しまうのかと考えるだけでおかしくなりそうだった
が...ひとたび慣れてしまえば今の有様である
彼なしの時間も頭の中は彼だらけじゃないか
恐いものだ
有難いとも思えるがやはり恐い
彼が私を必要でなくなったときが恐い 笑

なんていいながら流行が全然届かない(自分が
必死で情報種集しないと)巣鴨な街(ぜんっっ
ぜんさびれてて巣鴨にすらほどとおいが)に
住んでいると長閑でいいのだがアンテナはさびさび
になってしまいそうでそれまた恐い
既にさびてきてるしなー
おまけに実際にお店に足を運んで商品や雰囲気を
チェックできないというのは人生初かも...
鎖国だー
コンビニや本屋やネットが唯一の命綱
さび は自覚なくだからこわいのだ
気がついたら錆びていたってのが
気がつかないままってのもありえるし
まぁ、それならそっちのほうが幸せか 笑

CATVでみた「カシミアマフィア」
ルーシー・リューのきこなしがアグレッシブで
かなり前むきなモード感がカノジョにぴったりで
おおっとおもってたら
やはりSATCのパトリシア・フィールドの仕事の
ようだ
アメリカ人がアジア人に望む雰囲気かなぁ
なんて思ってみたり
何話目か忘れたがかなりのイケメンなアジア系
男性とジョギングしているシーンのウェアも
素敵だった
腕まわりに黒いボアだか羽だかがついていたり
(のわりに記憶あいまいだなー)
ワークアウトのウェアって「いかにも」なもの
が多いのでジムに通っている頃
「好きなのがない」
などと感じていたので特に印象深かったのかも
(ロゴ祭りだったりライン地獄だったり...
 なのでだいたいいつもヨガ系ウェアで
 ゆるーい感じにきていたっけか)

朝起床してからほぼ夕方のハルトの昼寝タイム
までノンストップでバタバタやっていると
いっぱいゴハンを食べても太っている暇が
ないようで洋服を楽しむなら今!なのだがー
ザンネンながら鎖国状態だし
外貨がないし 笑
なくても暮らせるだけに錆びが恐い日々である
やはりたまには自分への新しいシャツだか
アクセだかそんなものも必要なのかもなぁ
それにしても当分は無理だな
ハルトの「ゲー」や暴れっぷりが
が止むまでは
気に入った服は大事に着たいので

さんざん書いてみたが現状維持ってことか
も一度 ちっさく腹をくくりなおすか

まぁ やれる範囲でたのしもー おー


蛇足
このあいだ公園デビューした
いつも公園には行っていたがたいてい貸し切りだったのに
二人ずつコドモさんを連れたママが二人
快く話しかけていただく
あれこれ話しているようでやはりコドモの話題ばかり
30分は楽しく参加させていただいていたが...
だんだん...うーん うーん 何だかしんどいぞー
なんだー???
ってな気分になってきてしまった
なんだったんだろう
あの閉塞感
どーも悩み事をきくのはいいのだがどうしようも
ない愚痴をぐるぐるってのは苦手なようだ
自分もそうなってる時もあるのだが
散歩の時間は忘れたかった
ハルトにも私にも散歩の時間はリフレッシュの時間
なので楽しいことだけやっていたいというのか
ソレ自体がまだまだ呑気なのかなぁー
どちらかというと現状打破のためには策をってタイプ
なのかもなぁ
目にみえてでなくても伏線をはるとかどうにかこうにか
かなえてくれそうな相手に談判するとかー
実力行使にでるとかー
コドモを持つ前から「公園デビュー」と「PTA」は
至極ハードルの高い競技だとおもっていたが...
オンナの人がいっぱいのところでウマくやっていけるか
とっても不安である
和をみださずにいけるだろうか...
つい「途中下車」してしまうからなぁ...うーん
「ハルトくんのママって変わり者」
ってなことになったら私はどーでもいいがハルトには
申訳なさそうだしなぁ 笑
偏屈女の修行はまだまだつづくよってことなのかも

| 身につけるもの | comments(0) | - |


今年の冬は〜〜〜
ウールのコートも御気に入りのダウンも着るのを
控えている。
これはハルトのげっぷがおそろしいから。
ひっぱられるとこわいのでアクセもあきらめ、
ブーツもザンネンながら...×
一人で彼をかかえて靴をぬいだりはいたりするのに
スムーズでないと面倒。
二本の腕はふさがっているか、あいていてもバラン
スを崩すと大変なのでなるべく足だけで脱ぎ履きが
可能なペタンコシューズがのぞましい。
加えて...モヘアのセーターもザンネンながら×
...ハルトを抱っこすると顔に遊び毛がおどって
なんとも気になる...

。。。おしゃれ以前に寒い!

そんなわけでフリースをきたりぺったんこツルツルの
タートルをきておしゃれも色気も0な日々。
ヤフ−オークションでこのアームウォーマーに入札
したらなんと最安値で落札できてラッキーだった。
この冬唯一の楽しみかも〜〜〜
これ、あたたかい ズバリ
そしてお財布のお金もスムーズにだせて便利
手の甲ってこんなに寒かったのだなぁ
H&Mのものらしい
リボンのデザイン、こんなのだったら抵抗ないな
子育て系でもまぁ、許してもらえそうかな
もっとも、流行の袖丈ショートなレトロコートに
あわせてビシバシにつかってあげられたら最高だ
ったんだけど。

授乳もあるしノンボタンのワンピ×ブーツができ
ないのがかなしいなぁ
まぁ、今は今で楽しみましょ




あちこちのサンタにあれこれもらったハルト。
まだまだ自分の自由にはならないがー
クマモトのサンタ(我が母)は
「ことばのべんきょう」を孫にまで買ってくれた。
わたし時代のをハルトにおさがりするはずだったが
御ニューになってしまったな
| 身につけるもの | comments(0) | - |


産後復活した食べもの...珈琲、紅茶、チョコレート、お菓子
えー
それから煮物、魚の切り身、(匂いがだめだった)
かなぁ
ひきつづき卵はひかえめにー
あ、でもパンはやたらと食べてるな。

産後、異常に欲するようになった食べもの....
レーズンのはいったパン。(食パンやハード系のドイツパン?)
和菓子

産後、摂取が普通量(?)に戻った食べもの....菊菜、
レモン、グレープフルーツ、納豆、トマト

それにしても珈琲は美味しいなぁ
「飲みたい」と思える食後の瞬間が愛おしい。
お鍋とか食べていると無性にビールやワインが
欲しくなったり...カムバックだなぁ
おっぱいのこともあるのでアルコールはまだ控えてる
けれど...
それにしてもチョコレートは喜んで食べ過ぎると
胸にしこりのようなものができはじめて焦る。
やはり糖分と油は多くは摂取してはいけないのだなぁ
乳腺炎が恐いので控えめにしているがー
ポッキーが、マカダミアナッツチョコが、こんなに
美味しいとは(食べてるやん)
妊娠中は油の塊のようにしか感じなかったもんなぁ
あの味覚が戻ればかなりスリムになっていけそうな
のだが...もうダメだ、食欲の秋満開だ。
日々の買い物がままならないので、とうとう生協の
宅配に加入してしまった。
ああ、主婦っぽい
ザ・生活!ってかんじ...なるべくものぐさになりたく
なくて敬遠していたのだが、限界。
かなりかなり有難いシステムだ。
玄関先まで届けてくれる。ぐずるハルトを抱きかかえ
つつ扉さえあければホイホイっとほうりこんでくれる。
今日は好物の天然のぶりがとどいて嬉しかった。
冷凍ではあるのだが、養殖のあぶらっぽさが微塵も
なくておいしかったー
塩とすだちでいただいた。
私は肉はどーでもいいので、美味しい鶏や魚があれば
いいのだ。
やはりクマモトに帰ってたべるぶりや鯛が忘れられ
ない。フツーにスーパーで手に入るお魚が美味しいの
だからなぁ...




数年前に旦那さんにもらったポーターのウェストポーチ
(?っていうのかな)
トートやハンドバッグばかりな日々だったがここへきて
連日愛用。
バギーおしててもハルト抱っこしてても邪魔にならない。
使いやすいし丈夫だし大きさもほどよいしー
(財布、携帯、ハンカチなどなど意外に入る)
ポーターは優秀だなぁ
33歳でうんで、今は34歳なのだがここまでくると今まで
購入しまくってたアレコレでほんっと事足りる...
足りないのはハルトのモノだけだ。
物欲が0になったわけでは全くないがー
以前ほどの関心はなくなったなぁ 
ユトリがないともいえるか 笑

が、やはり雑誌は読みたい。
何がどうなってるのかは一応知っておきたいものだ。




| 身につけるもの | comments(0) | - |


じゃじゃじゃじゃん



念願のレペットちゃん!!
ノワール(黒)のBBモデル!

このすてきなカタチの靴の存在を知ったのはブーム
がくる何年前だったのか...忘れた。
おそらく学生やってたころ...?
SPURにオードリー・へプバーンの特集があって彼女
が生前愛用していたレペットなるバレーシューズ、
として紹介されていたのが初めてではなかったかな。
そしてブリジット・バルドーも愛用と知ったりして。
バルドーさんはかなり好みなお顔や着こなしの写真
をみるにつけ、10代〜20代前半の私には地球の裏側
よりも遠い憧れの存在だった。

いつもいつも本当にお世話になっているreiko嬢がパ
リへご旅行〜っと知り、迷惑とわかっておりながら
厚かましくもお買い物をお願いしてしまった。
私が実際パリへいって買えるとは思えない...
5年前いったパリ旅行では買い物嫌いになってしまう
ほど美術館を憩いの場所としていた負け犬である。
フランス人は手強い。
初海外にパリはかなりハードルが高かった。
(でも...またいきたし。)
せめて日本でレペットだけでも購入したいと願うが
ももたもたしているうちにユーロ高で、ル・クルー
ゼとともにここ1年ぐらいで信じられないぐらい高価
になってしまった。
いや、現在パリで購入しても私にとっては充分に高価
なのだが、へそくりをグリグリやって買ってきてもら
ってしまった。
キャー
黄色い声、でるわ。
とまらんわ。
箱入りでかさばるのに申訳ない。
感謝だ。心から。



パリのレペットの御写真まで添えて...くれた。
妄想、やってみるわ。
ピンクのリボンが「バレエ・ピンクだ」!
日本でみかけるピンクのリボンの色と微妙に違う。
好みの青っぽさ。



このデザイン、まるで宝箱だわ。
開閉部分にはさり気なくマグネットが仕込まれて
いるようでピタリと閉まるのだ...



フムフム...読めないけど 笑



パリの香り漂うお土産〜〜〜
奥のベビーやマタニティのマガザンは読めないながら
たくさんの写真入りで充分に興味深い。
小さなサイズも嬉しいなぁ
たっくさんの御写真とともに我が家が(いや私の頭の
中が)いきたくて仕方ないパリへトリップ。
そのあいだもぐずるハルト...reiko嬢に抱っこしてもらい
アルバムを拝見。
やっぱり違うなぁ...
撮るヒトの腕も違うのだろうが、いいなぁ
グレーの街にビビッドモーブピンクの皮バッグをひっか
けたコートにジーンズのマダムがやたら目を惹く。
日本のマダムも地味色ウェアにはビビッド色小物を〜
おすすめしたい。
同系色のバッグもいいけど、パリ色バッグもいいと思う。
...っといいつつ今年はニュアンスのあるグレー皮小物
がやたら奇麗にみえてくるのだが。



もらいまくりなのにバースデイ・プレゼントまで。
買いたいけど買わずにいたマスキングテープのセット〜!
ありがたすぎだな。
電球型のガラガラはハルトに。
これ欲しかったのだよ〜
文字が暗闇でもぴかり。
蓄光。
コンビさん、がんばってる。NEWな企画の新発売たち
はとても面白い。
多分若いママたちがとびついちゃうと思う。
遊んでいる姿が面白いおもちゃかも。



なんと出産祝いに彼女の父上からもCDのギフト。
クラシック6枚組だ〜贅沢だ〜
たったいま、「おやすみ赤ちゃん」のCDをききながら
ハルトはスヤスヤ。
早速早速。
ほんと、ほんとーにありがとうございます。
いつもギフト上手な友人のお父様はやはりギフト上手
な方で感動してしまった。
両手は塞がってても耳はフリー。そうか、そうなのだ。
お父様、こんなフガイない友人ですみませんっ。

ついハルトと停滞しがちなこの小さな部屋に優しい
風が吹いた。
元気をありがとう。


| 身につけるもの | comments(0) | - |
| 1/4PAGES | >>