[PR] 資格
妊婦世界 | ヒビノコトバ
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT

LINKS
MOBILE
qrcode

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
 ものすごくウレシイことがあった。
しばらく嬉しすぎてブルブルして涙がでそうだった。
迷ったがやはりヒビノコトバとして残しておきたくて書いて
みようと思う。

これから書くことは一部の方にはもしかしたら(万が一なら)
参考になるかもしれないけれど、人の生きている世界は様々
だし、価値観も生活時間も条件も気質も体質も体格もペース
も全て違うことをご了承いただきたい...。
あくまでも、私という33歳で初産で153cmでお尻が小さい
わけではないが、一見して安産タイプ〜っというわけではな
い一妊婦の、しかもまだ結果のわからない、今日という日に
感じた個人的な気持ちであることを...
ここに書く事が全ての妊婦さんにあてはまることではないの
は言うまでもないことなのだ...
決して鵜呑みにされたりしないでいただきたい...
(私が逆の立場でも嫌なキモチになっちゃうだろうから)
ただのただの人である、私の1日ということで。

何がそんなにブルブルきてしまったかというと。
今日は検診であった。36週目。
日に日にお腹は前につきだし、
「横からみるとすごいね」とみんなにいってもらうのにも慣れ
ご飯も今までで一番美味しく食べられるようになった近頃であ
る。今日から内診もはじまる。
内診は初期のころ何度かあったが...これは何度あっても慣れる
ものではない...
コのため、自分のカラダのため、っと思うからやれることのよ
うな...(つまりは下着もとってそのものを診て頂くのだ)
採血がすんで貧血検査ののち、内診となった。
あれこれ厳しい先生から開口一番
「すごくいいです!赤ちゃんの下がり方も子宮口の柔らかさも
 既にひらいてきているし、初産では素晴らしい
 これは予定日より早くうまれるかもしれないよ」
....!!!!
実は、私も最近知ったのだが、初産はやはり子宮が固いことが
多く(カラダをよく動かすのは大事らしい)子宮口の開きが悪
ければ「グリグリ」と妊婦間で読んでいる恐怖の処置がとられ
る「Xデー」が存在するらしいのだ。
つまりは医師が手袋をして直接グリグリっとやってくれる...と
いうものらしく安産のためには必要な処置らしい。
これを...回避できるかもしれない。。。
初産なのであきらめていた密かな望みがうまれた。
なるべく自然にいきたいのだ。(痛そうだし)

そしてエコーで赤ちゃんをみせてもらいカウンセリング。
「よく努力しました。倍体重を増やしてしまっていたら
 初産でこの段階でこの所見はないんだよ。
 自分と赤ちゃんのためだからね。引き続きしっかり頑張って」

そう、そう、そうなんだよ。
妊婦が集まると体重管理に五月蝿い先生への不平がよくきかれ
た。でも...よく考えると誰のため?
しつこく言ってくれるのは何のため?
原点を考えてみれば医師のためではないはず。
まぁ、予定日通り産ませたいとか、事故を避けたいとか色々
病院側の損得勘定も見え隠れしないこともないが。
でも妊婦にとっても赤ちゃんにとってもなるべくなら負担の少
ないお産が望ましい。
利害が一致するならそれでいいではないかっと信じてやってき
た。どうせ授乳の時に「食べると乳質が悪くなったり乳腺炎に
なりやすいもの」は今よりも品目が増えるのだ...
バランスなのかもな〜
体重を気にしすぎて病んでしまったりストレスになってしまう
ぐらいなら、医療も進んでいるし、お産のときにつじつまを合
わせてしまうのもひとつだし、(何より赤ちゃんへのストレス
はよくないし)体重管理を日常的にやれる状況ならやって損は
ないということなのかもしれない。

私の場合は、下痢もひどかったし、ご飯が美味しいと素直に感
じられるようになったのは9ヶ月にはいってからだし...
「赤ちゃんは順調です」といくら言われても、いつも内蔵がキ
ツい日々だったけどそれのお陰もあったのかもしれない。
キツかったからこそブルブルきてしまった。
大きく間違っていなくてよかった。
プチっとわずかながら報われたのだ...
下痢がひどく、不安で外出する勇気も体力もない自分をダメダ
メな妊婦なのではないかと思っている時期が一番キツかった。
働いていたり、元気で上のお子さんの面倒をみたりしている妊
婦さんに申訳ない気にすらなった。
まるでワガママでサボってるみたいだもの。
そのせいで赤ちゃんが大きくなれないのではないかと思うと本
当に不安になったりして...
でもいつも医師にはお腹の中の様子やコは「順調です」といっ
てもらえてきたのだ。
まだまだ、お産自体どうなるかわからない。
やってみなくちゃわからない。
元気ででてきてくれれば妊婦生活がどうだったかなんてどうで
もよくなっちゃうだろうな。

ほんとこればかりはそれぞれだと思った。
自分にあった方法で過ごしていくのが一番だ。

妊婦に限らずそういうことって多いのかもしれない。
みんな同じカラダではない。
でもアドバイスを受け入れることも大事。
自分の知らない世界をおしえてくださっているのだから。
その中で合うところだけいただいていければ...なんて思う。
みんな同じように女だけど決して同じ人生がないのと同じじゃ
ないかしら...なんて嬉しく思える日だった。


| 妊婦世界 | comments(2) | - |

お尻みたいなハートみたいなカタチの真っ赤な大石早生。
ちゃんと甘くて美味〜


一週間ぶり?に近所ではあるけれど車であちこち
買い物につれていってもらう。
田舎なので道の駅のような施設があって、焼きたての
美味しいパンを売っていたりカフェが併設されていた
りするところがある。
昨年にオープンしたところなので広々&奇麗で見晴ら
しもよくいいトコロなのだ。
パンは本格派。
その日は売切れてしまっていたが大好きなハード系の
バゲットやいちじくとくるみなどがぎっしりつまった
美味しいパンを買う事ができる。
ここ数日、800g増えていた体重がじょじょに戻りつつ
あったのをいいことに妊娠してはじめて
「茄子とミートソースのドリア」を注文してみた。
ずっととろけるチーズもミートソースも何だか塩辛い
上に脂っこく感じられて口にしたいと思えなかったのだ。
久しぶりに〜美味しかった。
とにかく自炊な日々でこういっちゃなんだが、やはり
誰かにごはんを作ってもらうのがここまで有難く美味し
いと感じられるとは!笑
道の駅で新鮮なお野菜もごっそり仕入れて、奇麗な花を
つけた植木もいっぱいあったが、入院中枯らしても可哀
想なので自粛。
やっぱり自分であれこれみながら買い物ができるって、
幸せだ〜〜〜
買ってきてもらうのもありがたいことこの上ないが、風
をいれたり変化を楽しんだり...野菜の売り場には季節感
があるし。大事なことなんだなぁ

ほどちかくに大型電器店が併設されるように建っている
ので、カメラをみにいく。
デジイチ...高いけど何はなくともこれは欲しい。
コがうまれるとなるとビデオ!っという方も多いそうだ
が腕にまったく自信がないのと馴染みがないので、どう
してもカメラの方に感心がいくのだ。
私が残してやれるのは小さなときの思い出だけかもしれ
ないし...
オリンパスとニコンをみて検討することにした。
ニコンの方は特価になっていたが画素数がオリンパスよ
り低かった...
旦那さんのオシゴト用のコンパクトなデジカメも必要み
たいだしな〜〜〜今お世話になっているものは不具合が
頻発しだしたし...
っていうかコのタンスも買わなくちゃならんのだが。
さてどうしたものか 笑
マイホームの頭金はいつになったら溜まるのか...
まぁ、豪勢なおうちより思い出が老後には必要だと思っ
てはいるが。
病室にも棺桶にもマイホームはもっていけない...
(が欲しいんだなぁ 欲深)
がいつまでも賃貸っていうのも...勿体ないような気もする。

今更だが、ツタヤに胎教のCDもかりにいく。
ミッフィーの表紙のオーソドックスなものと個人的趣味
のショパンのピアノ曲をチョイス。
やはりミッフィーのは軽過ぎて眠ってしまいそうだった
ので、ショパンもプラスして正解。
華やかで叙情的で気持ちよい。

そうこうしているうちにお腹がどーも変....
やっぱり...さっき食べたドリアがヘビーだったらしく
スーパーに辿り着いたところで壊れる。
まったく...過敏な胃腸である。
以前ほど激しくないので随分安定したといえる(?)
のかもしれないけれど...なんなんでしょうかねぇ 笑
だんだんサイクルやタイミングもわかってきたカンジ
すらするのが救いだ。はぁ

あ〜〜〜〜セカンドカーが欲しい。
何だか今日は強欲日記だ。
欲しい、欲しいばっかり書いている。
いえ、充分贅沢させていただいている。
日常には何か物質的不足があるぐらいがちょうどいいのだ。
そんなことをいってられるうちが幸せってことなのだ。


| 妊婦世界 | comments(0) | - |


昼から約4週妊婦的先輩のミカちゃんがやってきた。
ようやく自宅安静が解除になったそうで...
予定日はまだだがまぁ、うまれても大丈夫な状況
になったそうだ。
よかった
よかった
本当に。
よくあることかもしれないけれどやっぱり自分の
身に降り掛かったら気が気じゃないよなぁ〜
...って本人はあっけらかんと元気そうでこれまた
何より。
二人目ということもあるのか余裕すら感じられた。

私ってやっぱり神経質になっているのかもね...笑
なんてあれこれ話をききながら、大らかな彼女の
妊婦ライフを想像し愉快になってきた。
まぁ、、、いつまでも続いた下痢が最大のネック
だったのだが...
お互い無事にここまでこぎつけてよかった。

私は最近妊婦になって一番ご飯が美味しく感じら
れる。急激な体重増加に要注意だなぁ
9ヶ月に入ってはじめて「妊婦はお腹が減るもの」
っというのを「これか〜」っと今頃実感。
今までは食べにくかったもんなぁ
美味しそうっとは思うのに、イザ食べ始めると、
いきなりストップで「もういいです」状態だった
よなぁ
かといって食べないといきなりヘロヘロになって
寝込んでいたし。
コントロールできないまま今になってしまった。

ミカちゃんのお腹より私のお腹がとんがっていて
おもしろかった。
「...まるでドラマに出てくる女優の、それはウソ
やろ〜っていう偽装の妊婦みたいなふくらみやな」
っといわれ、うまいこというなぁって。
比べてみるとわかるのだが丸いというよりはラグ
ビーボールみたいだからねぇ...攻撃的なカタチを
しているのだ。
で、ミカちゃんの声がよくとおるからか、ミカ
ちゃんのお腹の中の赤ちゃんがわかるのか...
本日の私のお腹の中はものすごい興奮ぶりだっ
た。たいてい友人がきてくれると普段より動き
がゆるやかで大人しい印象だったのだが。
今日は、「イタ!」っとしばしばお腹をおさえ
なくてはならないほど、そして友人でははじめ
て「ビッグウェーブ」を触ってもらうことに成
功。波打つほど激しく動き回っていた。

今は静かになっている。
何だったんだろう。
ハテナがいっぱいな日々。
想像ばっかりの日々。
かといって結論をださなきゃいけないわけじゃ
ない日々。
これまた貴重な日々なのだろうな。




| 妊婦世界 | comments(2) | - |

夕方みた西の空にどこまでも続くひつじぐも。
いわしぐも?
明日は晴れみたいだけど雨、ふってくれるのかな???


ウソやろ〜っと昨晩マタニティの表をみて愕然と
したのだが今週は9ヶ月目に突入していた。
あと4週程で産んでも大丈夫な時期に突入だ。
入院準備、しとかなきゃな〜〜〜
そして検診でコは2100gにまで大きくなってくれ
ていた。
ここ数日あばらにまで足が届くようになってきて
いたのだ。ドガっとやられると
「イタ!」
っとおさえてしばらくナデナデやってしずまって
もらうようお願いする。
2週前より800g私の体重が増えてしまっていて
はじめて先生に
「トータルでは問題ないのですが、急激なのは
こわいからね。ご飯はわけてたべずに一回の食事
をゆっくり時間をかけて。わけて食べると確実
に太るよ。」
っといわれ、ほほ〜っと驚いた。
コが大きくなってきて胃を圧迫されるので一度に
今までの量を完食できないから、まさに、わけて
食していたのだ。
あとは動くこと。
食べてはグースカやっていたから...てきめんである。笑

が...もちこちゃんと楽しく電話をして興奮して
汗をかいて体重をはかったら...
2週前にもどってる!!!
い、いまから検診いくのじゃダメですか。
ってか...午前中は何の重さがのっかってたのだ?
800gも。
朝ご飯?汗?謎、謎のカラダ、だ!!!
自分が一番よくわからん!
次回はやはり夕方からの検診にもどそうかな...

余談だが、今日ヨガの先生にきいたのだが
白いお砂糖はよくない、の理由。
「カルシウムを破壊するから」
だそうだ。
妊婦には有難い情報。
まだ精製されていない三温糖やむしろ合成の
甘味料のほうが(カロリーカットなどの)
その率はマシなのだそう。
かなりの甘党の知人が骨密度が低いと
悩んでいたのだが、これが原因の1つなの
かもしれないな〜〜っと勝手に心配してみた。

| 妊婦世界 | comments(2) | - |
はぁ さっぱり
午前中、検診いってヨガいってついでに郵便局いって
市民税の納税のため銀行いって(数年前から扶養家族も
バイトの稼ぎに応じて課税対象...財政難か。)
お昼の総菜パン買って帰宅。
今日だけはカツサンドを解禁。ハンバーグパンも食べち
ゃったもんね。イエーイ
なんか本来の意義をみうしなってるな...
赤ちゃんのための健康管理なのだが。
でもやっぱりさっきお腹壊したから油気はNGなのかね。
我が身の徹底した拒否ぶりにあきれつつ...
本能的に「いらない」と判断してるとしか思いようが
ないなぁ
で、ちょっと横になったらグースカグースカ
クーラーもつけず遮光カーテンをひいた西の部屋で
寝るわ寝るわ...
起きたらあせぐっちょり。
除湿ぐらいいれるつもりだったのに。
ま、いい運動か。(違)汗かくのは大事。
で、シャワー浴びたらサイコー!
今は飲めないがギラギラの日の夕方ビールぐらい
快感だった。
ああ、またいつの日か初夏のデキャンタナイト
復活したい。(友人と白ワインと美味しいおかず
を食す会のこと。)

実は、連日の昼寝に若干の罪悪感を感じていたら...
一月早く臨月を迎える友人から
「休憩と昼寝は大事だよ〜私、動きすぎて絶対安静って
 いわれちゃった!」
ってなショッキングメールが!!!
そうはいっても状況によっては寝てられないだろうし
みんな大変だよなぁ
なんとか回復して安全にお産ができますように。



何だかかわいい洗濯モノの日。
購入しておいたコグッズをあれこれまとめて洗濯。
あと自分の入院準備品含めて、もう一弾やったら
だいたい終了かな〜

...赤ちゃん用の洗剤で洗うべきなのかな。
液体アリエールで洗ってしまったが。
ちょっと調べよう。
(ご存知の方いらっしゃいましたらよかったら
おしえてください。。。)
うちでこういうものがはためく日がくるとはね...
未だに信じられないよ。
肩幅が狭くて丈が短い服ばっかりで思わず笑える。
今日の検診で1700gになったそうで。
どうりで仰向けでは内蔵が痛くて眠れぬはずだ。
いや、気にせず育って下さい。
陽気に暴れてください。


| 妊婦世界 | comments(2) | - |


掃除や洗濯やあれこれ大処分祭り(第二弾)を終えて
ソファで休憩。
はー疲れやすい。
普段のカラダだったころの半分以下の能率〜
ま、こんなもんでしょうかなぁ 動けるだけ感謝。
動いていたので湿度の高い中暑くはあるが、吐き出し
窓を大きく開いたところからは涼しい風が入ってくる。
突然雲が空を覆ってきて電気をつけたくなる暗がりに。
こんな時にキャンドルを灯すのが実は一番好きだ。
蒸し暑さの中を筋のように通る気持ちよい風と
薄暗い部屋。
FMをオンにして、ゼヒトモききたいわけでもない曲
ですら何だかほどよくて開放感。
後期に入って、胃を圧迫されるのか再び軽めのつわり
のようなムカムカ感が断続的にあるが、それもまた
一過性のものであるだろう。
肘のうらに保冷剤をはさんで、ロウソクのユラユラを
眺めてクールダウン。
カラダだけでなく心も静かになるから気持ちよい。
時々正面の西の空が白く明るくなろうとしたり、
また雲が流れてきたりする。



昨日、車で連れて行ってもらった本屋さんで。
3年育児日記
数ヶ月前、義母に今は35歳を超えてしまった兄弟
二人の育児日記帳をみせてもらって見習ってみた。
男の子のお母さんって諦めがいいのか、覚悟ができ
てるというのか...この二冊の日記帳の事は当の兄弟
は全く知らなかった様子。おせっかいをして、
「すごい素敵なものだからみてみなよ」
っと兄弟にすすめるも、照れて見ようとしないし。
女の私には不思議なのだが〜
義理兄嫁と私のためにこっそりみせてくれた。
70年代はじめに装丁されたその日記帳のグラフィ
ックはまるで「暮らしの手帳」のような趣きで
切り絵のようなイラストや写植文字がとても味が
あって素敵だった。
アノ頃の印刷物には今にはない「おとな感」が
あるよなぁ。
そこに時間が許すだけ描かれた義母の文字。
それをみせてくれたことに心の根っこの部分で
栄養をもらったような気がした。
なので100%影響されて、
「育児日記らしい」装丁のものを選んでみた。
本当なら義母とおそろいのデザインに憧れるが。
いつもなら絶対買わないイラスト満載のあたたかめ
な雰囲気の一冊。
多分、自分の記録なら素っ気ない程シンプルで
表紙は好きな一色、中身は真っ白のハードカバー
な一冊を探してきて自分ナイズドを楽しむのだろ
う。これは、和製サラ・ミッダみたいな水彩タッチ
のイラストで私が作り込む必要もないぐらい、い
たれりつくせりな書込みのコーナーが既にできあ
がっている。
多分...この歳で慣れない育児で「つくりこむ」
なんて当分できそうもないだろうなぁっと思い
懇切丁寧な「描きこむだけ」な一冊をチョイス。
写真をはりつけたり、大きな行事のページや毎
日の様子を書き込めるページなどが充実。
私が思いつかない&無知だったコーナーや、育児
ペースにあわせたアドバイスコーナーもあちこち
に掲載されていて軽いアドバイザーのような一冊
だったりもする。



「生まれた頃の世の中」
なるコーナーのページ。新聞の切り抜きなどをはるみたい。
書いとかないとゼッタイ忘れちゃうよ。
私はファッション雑誌かお菓子のパッケージなんかはって
しまいそうだけど。。。
テレビの番組表とかも面白いかなぁ
アレコレ気の回らないことまで網羅されてて有難い一冊だなぁ
ま...一番は続けることなんだけど。

つ、続く...と思うよ。今は。(暇だから)
全てがスタートしたらどうなるやらハテナだけど。
ハリだと思ってやってみよ〜


| 妊婦世界 | comments(2) | - |
ほんっっっとに誰かの車がないと買い物がまま
ならなくなってきた〜
昨日今日とは涼しいのでコロコロを持参するなど
ある程度工夫すればどうにかなるのだが。
コの洋服だミルク用品だ寝具だ〜
自分の入院準備用品や〜〜
半端なく物入り!!!ギャー
なるべく少なめに見積もってるのだがなぁ
数字を総計したら倒れそうだ...
わっか〜〜〜イご夫婦はどう乗り切ってこられたのか。
エライよなぁ

まったく店にもいけずどうなることやらっと
おもっていたらヤフーでアカチャンホンポが
開業したりアマゾンでもかわいいのを扱って
いたり無印のベビー服はシンプルでかなり好み
だったり...ネット充実な時代でほんっとありがたい。
夫が激務だったり母が遠方に住んでいると大変な
もんだなぁ
安定期の頃、神戸ではじめて踏み込んだアカチャン
ホンポに25歳弱ぐらいの妊婦ちゃんとママが一緒
に買い物にきててマタニティ用のブラだのショーツ
だのをものすごーーーっく悩んで相談して購入中。
へぇ〜〜〜っとほほえましくも33歳の妊婦はそれを
横目で感心しつつ、「あたしはコレ!」っと即決で
ショーツをチョイスしてしまったっけ...
悩む程好みのものが網羅されてるわけでもないので
ごくシンプルでモノトーンの極小ミズタマが無難。
後で本で読んだら一説には明るい下着を着用したほうが
ベビーにもよいらしいのだが...時すでに遅し。
地味好みな母で申し訳ないねぇ
...親と下着の相談...ブラジャーを着用する以前ぐらい
からお金をもらって好きに購入していた記憶。
(うちってちょっと異常だったのかなぁ)

各社カタログ通販も充実してるしなぁ
最低限必要なものをリストにしてあれこれ注文。
郵便局ぐらいは歩いていけるので気に入らなければ
億劫がらず返品。

なんだかマタニティな世界にどっぷりすぎて
自分でもアップアップと溺れ流されてしまっているが
揃えなきゃ周囲がイザというとき迷惑を被るもんなぁ
自分だってカラダが痛い(想像だが)時にモノで不自由
するなんて...嫌すぎる。用意不十分ゆえの不安は嫌だ。
ま、ここはひとつ楽しんで 笑 いきましょうかと。



しょうもない心配をしながら気がゆるんで
フェリシモでベビー服を注文がてら買ってしもうた。
ぴかぴかサラダスピナーぴかぴか
ケンタロウさんが
「いや、オレもバカにしてたんだけどジェイミー
 やってきたときにすすめられて使ってみたら
 サラダが全くの別物で...なんたらかんたら」
なることを発言していて洗脳されて数ヶ月。
ほしいな〜っと思い続けていた。
確かに!サラダの水気を切っても切ってもシャキっと
しないのには毎回プチイライラ気味だった。
300円ショップでもみかけるのだけど使用感に自信が
なくて買わず終い。
昨晩使用してみたらとてもヨイ。もっと早く買ってみれば
よかった。サイズは二人分〜三人分ぐらいなのでそれ以上
のご家族ならもっとラージなサイズがいいのかも。
そうめんなんかの水切りにも使えるかな...?
ぐるぐるっとまわして水をすてるときに快感。
食の半分は野菜生活な日々なのでこういうのはウレシイなぁ。

ちなみにフェリシモのベビー服はこちら。↓


スモーリィ ボーイズベビーカバーオールの会
写真の男の子が着用しているのが来た。
数年前友人のベビーが着ているのをみてあまりにかわいかった
ので。つい地味目なものを選んでしまう傾向にあるが、意外に
派手色も似合うもんだなぁっと驚いたのでおぼえていたのかも。



検索したらこんなのもあったのだ。
エド・エンバリーさんのだ...カワイイなぁ


ヒビのボケクリップ
毎日使っているミドリイロの愛用の皿が一枚
行方不明。イキナリ 忽然と。
破損の記憶はないし、自分しかほぼ使わないし...
脳に糖分が足りないのかお腹の中のことしか
考えていなさすぎなのか最近ありえないミスが
増えている。
それにしても...この狭い部屋のどこに消えたのか。
人のせいにできない怪奇現象。






| 妊婦世界 | comments(0) | - |


ここ4日ほどで真夏がきた。
どうも私のカラダにだけのようだが。
そうは思わず、スーパーにノースリーブででかけると
みんな薄手の長袖だったりして驚いてから気づいたのだが。
また他には
旦那さんがスッキリした顔で「今日はサワヤカやな〜」
っと信じられない発言をするのでハッとしたわけだ。
演技かと思えるぐらい信じられなかった。
確かにまだ30℃超えているわけじゃないのよね...
数字をみて変だとは思っていたがものすごいもんだな。
お腹にコがいると「夏、暑いよ〜」っとは経産婦さんから
何度となく挨拶がわりのようにおしえてもらってきたが。
ここまでとは。
朝起きると(そもそも寝てられないのだが)首のまわりに
ジットリきている。
マタニティパジャマは上着が膝上ぐらいまで長いものが
多いが、そんなもの着てなんかおられず、昨日はいつも
のTシャツを着用してみた。
まだクーラーは我慢できる日は我慢したい。
...時間の問題のような気もするけど 笑
今日は午前中幾分マシだった。
風がサワヤカで。



たんびにシャワーをあびることにしてみたらこれが
とてもスッキリしてよい。
しばらくはこれでのりきろっと。
あと二ヶ月ちょいだ。
頑張ろう!


写真は以前、靭公園に行った日にとったお寿司屋さん。
ビル街に圧倒的植木鉢ジャングルな古い日本家屋。
瓦や屋上部分なんて、上からみたらゴミ屋敷的バランス
で建っていた。
強風の日にはちゃめちゃにならないのだろうかと
いらぬ心配をしてしまうほど何だか迫力あった。
整理されたスッキリした建物もよいが、こういう、
主人の思いのままに月日の流れ行くままにできあがった
雰囲気のお店もまたおもしろそうだな。
肝心のお寿司、美味しいのだろうかなぁ
入ってみる勇気はないままに通り過ぎた。





| 妊婦世界 | comments(2) | - |


ココ数日体力がない。
コは元気にお腹のなかで運動会を開催してくれている
ようなのだが、検診の日より体重が落ちるってどうなの...
あれから朝ご飯に加えて残りのケーキを食べているし
検診日に解禁して買ってしまった「あまおうラテ」(甘
過ぎた。カルピス原液級だ)も牛乳で割って飲んでい
るのに。野菜の量も増やしたのだが。

そして後期に突入したとたんにカラダがダルくなって
前ほど動けない...
ものすごーく強いコがお腹でそだってるのだろうか。
母体の栄養を容赦なく吸収していくよ。
ええ、それでいいのだが、すざまじい。
体重制限をやってる場合ではないような気すらしてきた。
ふ...増えないって真剣に恐い。
考えられるのは部屋の片付け...?
思ったよりエネルギー消費量が高いのか。
日に2時間ぐらいしかやらないのだが。
非妊婦の時なら1日がかりですっぱりおわれただろうって
いうような効率の悪さでやってるだけなのだが...

が、今日は買い物にいかないと!
空も晴れているので、一番体調のいい午前中にスーパーへ。
前回荷物の重みに耐えかねたので押し入から出土した
数年前購入の「コロコロ」をひっぱっていくことに。
ものすご〜く安易に考えてベネトンのエコバッグをのせて
ベルトでしばればヨシと思っていた。
大した量を購入するわけじゃない。



で、実際は。

カンカンと太陽が照るなか、斜めにひっぱってみる。
「これはいい。これなら重みでお腹に緊張が走る事もない。」
っと安心。早く家に帰ろう。
が、何だか変な音がするので振り返ってみてみれば...
アスファルトに白いミズタマ。
牛乳のポタポタ!????
なんとコロコロを傾斜させて引っ張る際に、牛乳パックの角が
アスファルトですれて、エコバッグごと穴があいてしまった。
「〜〜〜〜〜〜!!!!!なんやね〜〜〜ん!!!!」
太陽ジリジリのもと、ベルトを外し、中身をだし牛乳を発見。
ほんの数ミリだが、パックの角が破けてしまっていた。
エコバッグは2カ所負傷。
どうしようもないので、牛乳を逆さに立てて再び梱包し急い
で帰宅。
汗をかいてぐったり。1時間倒れ込んで眠った。

みんなこんな珍妊婦な生活おくってるの...かな?
今日は出がけに上にあるモノをとろうとして横の珈琲サーバ
ーを落っことし破壊してしまったし。
妊婦になってから今まで皿やお椀やコップを一体いくつ破壊
したことだろう。
「これいつから使ってる食器だろう」
ってぐらい滅多に割らなかったのだが...

こんな有様であるので、コロコロは何とか改造しなくては。
カゴだか網だかをとりつけようか...
軽い金属のものがよさそうだな。それとも、
おばあちゃんがひっぱってるような本気の買い物キャスター
を購入するしかないのか。
牛乳事件のあと、おばあちゃん達がおしてる立派なカート
が少し羨ましくなるってどうなのよ!?
「かっこいい〜」とか
「デザインが先端だわ斬新だわ」
じゃなくて
「うわ!便利そう〜〜〜ラクそう〜〜〜」
が動機って...
老いってこういうことを感じる瞬間でいっぱいになること
なのかしら...
バナナ売り場でであったおばあちゃんは一房持ち上げると
「チッ(舌打ち)重い!!!」
軽くキレてたし...

ナガオカケンメイさん、ロングライフデザインなイケテル
買い物カートをみつけてきてください...
徒歩生活的妊婦には買い物は死活問題なのです。
車で買い物にいかない(石油を消費しない)買い物って
エコじゃないでしょーか。なんて。

*パリのマルシェでも最近は手かごではなくカラフルな
ショッピングカートが主流になてきたらしい...
あんなのだったらカワイイかいな。

とはいえ...雨もふるし暑いし
セカンドカー生活、やっぱり坂道な日々には羨ましいかも。


| 妊婦世界 | comments(0) | - |
やってしまった。
あ、ありがたいことにお腹のコは、無事。
今もお腹をボスボスっと蹴ってくれている。
多分、大した事ではないのだがその時はどーしよーって
パニックになってしまうから恐ろしい。
なるべく買い物は誰かといくことにしよう...

夕方、日も陰ってきた頃、坂道をのぼって食料の買い出し。
あれこれ周囲が手伝ってくれると言ってくれるのに、何だか
ヘタレな自分が許せず、体調もよかったので「これぐらい」
っとキブンよく出かける。
ムシムシしてはいるが夕方の風はキモチよくもあり、やっぱり
外はいいな〜なんておもったりする。
コンビニでお金を入金したり、あれこれ支払いをすませて
みたり。本屋にもブラリ。
スーパーについたので、一応おばあちゃんたち御用達の
ベンチで一息ついてからさささっと買い物。
何度もカートの買い物かごをもちあげてみて重さを確認。
チラとみると隣のおばあちゃんも重さ、確認中。
重すぎるとね、どうにもならなくなるからね〜
ってカンジで二人でチェックチェック。

清算間際に美味しそうな箱入りトマトをみつけてミニトマト
とチェンジ。。。
思えばこれがよくなかった。
食い意地は身をキケンにさらす。年末年始の暴飲暴食で思い
知ったはずが...まさに喉元すぎれば
サクサクと歩いて帰宅途中...のはずが様子が変。
一月前ぐらいはこれより断然重くてもへっちゃらだったのに!
何度かアスファルトに荷物を下ろし、ゆっくりゆっくり歩く。
あの電柱まで...
あのお店まで...
帰りは徒歩でものの15分ぐらいの距離なのに遠い遠い。
何度か、
「助けてください。すみませんが荷物を持って下さい」
っと通りすがりの人々にお願いしそうになる...が
「何をあまったれたことを!自分で買ったものぐらい
自分でセキニンをもたねば」
なる別の声がきこえてくる。
こんな時に人に頼るのが面倒ってどうなのよ。
(身の上を説明するのが億劫になる...)
この性格、どうにかならないものか。
ついにキモチ悪くなってきてしゃがみこんでしまったのだが
田舎道...あまり人がとおらぬ。
近くの墓地の岩に、ここへ越してきてはじめてのぼり、失礼
させてもらって座らせてもらう。
二の腕を蚊が食っていたようだが、それどころではなく脂汗。
幸いお腹が張るわけでも痛みが起きるでもない。
どうやらまたもスーパーの中の気温と外気温差にカラダが
びっくりしてしまったようだ。
ヨガの呼吸をおもいだして、墓標を眺めるとはなしに眺め
読みながら冷静になろうと努力。
どうしたらいいかぐるぐると思案してみる。

1.目の前の民家に助けを呼ぶ(=ご近所すぎて恥ずかしい
 途中で治ったらどうしよう)
2.持てるものだけ持って一旦家に帰り休憩してから、残りの
 モノをとりに戻る(=折角買った生ものが腐る)
3.全てを放棄して携帯で助けを呼ぶ(=後で「無理して!」
 っと家族に叱られる...=自由がなくなったら嫌だなぁ)

15分ぐらい考えた後、全部面倒くさくなって
ものすごい勢い(に思えた)で一心に家に帰った。
「大丈夫にきまっている。たかがこれぐらいの荷物!
同じお腹で上のお子さんをだっこしてるママだって
いるじゃん!!
働いてるママだっているじゃん!!!
なんだよ、なんだよ!!!!」

今思えば
...何をキレてたんだらう。
...何への挑戦だったんだらう。
らうらうらう。

帰ってから猛烈に生ものを冷蔵庫にほうりこみ、窓という
窓をあけて(暑かったので)床に倒れ込んだ。
つ、つかれた...
自分につかれた。
何やってんだろう。

赤ちゃん、ごめん。
ハラハラしたよね。
ごめん。
頭の中はこればっかりになった。

もう、トマトの大きな箱は買わない...
誰かに手伝ってもらうことにする。
今は無理なものは無理なのだ。
根性の問題ではないみたいだ。どうやら。

晩ご飯をダラダラたべつつ、寝たり起きたりを5時間
ぐらい繰り返したらいきなりすっきりした。

いましめに...書いとこうっ
あ〜あ失敗。
何事もなくてほんっとよかった。もうハラハラは懲り懲り。



クリップまたつくろうかな



倉庫化していた6帖を、連日すこしづつ片付け中。
数年前作ったネックレスがアレコレ出土。





結構、使えるかも。




| 妊婦世界 | comments(2) | - |
| 1/3PAGES | >>