[PR] 資格
見失うって恐い。 | ヒビノコトバ
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT

LINKS
MOBILE
qrcode
<< じゃじゃ降り | MAIN | 雨靴イズム >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |


雨靴ライフが続く日々。
雨靴は便利だけれど駅の階段でツルリとすべって
(少しサイズが大きめなので)ヒザを強打したので
用心して歩こう。笑
梅雨ってだけれどそうそう嫌でもなくて
靴が濡れるのはなるべく遠慮したいけれど
なんだか心がほっとするカンジが心地よかったりもする。
ムシムシの日もあれば涼しい日もあって
このオアシスの日はソファにねそべってカーテン越しに
風がつま先を撫でるようなヒンヤリ感に
美しい日だなぁとグレーな空に思ったりする。

ハードなヨガ...
私は、無理してでも時間を作って参加したいと思ってきた。
病院に通うより自分にあっていると思えたし
感じられなかったことを感じられるようになる身体に
やっとヨロコビをみいだしはじめた時期でもあるので...
(それまではついていけなかったわけだし笑)
が、他の会員さんのハナシをきいているとキツ過ぎて腹がたつ
とか、やめてやろうかとか...
半分は群れた女特有のイキオイまかせの発言のようだけれど。
うーん
何だかな
私は、ひたすら手応えがある感じが心地よい。
限界!ってなったカラダをさらに超えていく時に
なんとも言えないウットリ感があるし...
(最近、顔ににじむウットリを隠せなくなってきた...ははは)
昨日できても今日はできないこともある。
ずっとできていないこともある。
それにはこだわらない。
いい日もあれば悪い日もあると思うし、完成することが
目的ではないから...
私に話しかけ、あまりに参加の辛さを訴えてくる女性に
(名前も知らない方だし)うわっつらで
ハナシをずっと合わせてきていたのだけれど
かなり熱くどんなに嫌かをえんえん吐露してくれるので
ついに面倒くさくなって
「ヒドくストレスになるのなら、無理して参加されなくても...」
っと思わず言ってしまった。
ハッとした表情をされるのを見て
「いいすぎた?」
っと思ったけれど、別に参加は義務じゃないし
ヨガのクラスは自分のペースや先生との相性で
選べばいいと思う。
お金をだして貴重な時間を割いて自分の意志で
参加してるわけだから、中学生のように
「あの先生は嫌い、だから数学も嫌い」
な考え方はどーにもついていけなくて...
(っと感じていたことに後で気づいた)
逆にお金をだしている側の変な優位な立場気分での
発言はどうにも傲慢に思える。
相手は自分より若くともプロなのだ。
新しい世界を知るために仮にも教えを乞うている側なのだ。
ヨガは自分に合わせたポーズに軽減できるのだし
そうクラスの度にインストラクターさんもおっしゃる。
何よりも自分のカラダや心のために参加するのだ。
義務を感じる必要性が分からない。
ストレスを感じるほど苛まれるなら静かにやめるなり
他のクラスに参加したらいいと思う。
文句をいうほど不快で不自由な空間とは思えない...

(仮にも)大人が同じ目的で集まっているように見えても
心のなかは色々なようで。
私はあそこは静かにカラダや心のペースを戻す場所と考えたい。
間違ってもグループで無理して群れて
クラブやクラスやインストラクターさんに
対しての中傷を楽しみたいとは微塵も思えない。
そちらのほうがストレスを感じる。
女が集まると往々にしてこういうことがあって
それによって団結感を味わっているような
妙な部分がどうにも...
文句や意見は直接本人に...対決&解決を。
無理なら諦めるか居場所を変えるか考え方を変えない限り
心はずっと安らぎを得られないと思う。

が、あとで考えると自分もストレスの塊になっている時は
(それがストレスのせいとも分からず、出口がわからず)
誰かにモヤモヤをきいてほしくて、般若みたいな顔を
して文句のかたまりになってものすごい負のパワーの
権化にようになってしまっていたのだと思い出す。
ひとつ気になると周囲も全て嫌になったりして...

楽しもう!

それには過敏になりすぎず内なる声を静かに
きくことだ。
周囲をどうこうしたいと思いすぎるのはキケンだ。
いつもそうはいられないけれど、なるべく
あの、いかにも不幸そうな、負の塊になるのは
一回でも少なくありたいと思う。
| 物申す | comments(2) | - |
| - | - | - |
caoriさん・・・とてもガツーンときました。我に返った気分です。

私は語学を学びに行っていますが最近は何だか義務的に躍起になって勉強している部分が強くて、楽しんでないなぁってぼんやり思うこともしばしばでした。

もともと競争心は希薄な方ですが、時々周りの皆さんと自分を編に比べてしまったり焦ったり。まず自分自身が学ぶ事に対して楽しむ事を忘れてしまっていました。

昨晩、たまたまフィギュアスケートのキム・ヨナ選手のインタビューを見たのですが、彼女は「誰かに勝つのではなく、自分が楽しんで納得したい」といった感じの事を話していました。caoriさんのコトバと共にガツーンと響いてきました。

心の声に耳をすまして、まずは楽しんで、自分の消化できない事を人のせいにしたりしない事ですよね。何かを学ぶ時って自分の手のひらからこぼれたものは必要のないものなのかも、と割り切る潔さも必要でしょうしね。

シンプルに、スッキリと過ごすって簡単なはずなのにいつも自分でややこしくさせてしまいます。むむむ・・・。

でも、ヒビコト読んで気持ちが楽になりました。ありがとう、caoriさん。長々とグチグチしちゃってごめんなさいです。
| jam | 2007/07/15 12:54 AM |
じゃじゃじゃjamさん
いえいえこちらこそ偉そうに。。。!
なんていうのか〜
私は怒りが長続きしなかったり
ドライ過ぎたりする性質のようで
考えてもどうにもならないことは年々
考えなくなっていく度合いがひどくてですね...笑

勉強や語学というのは「努力すれば」
といわれて育つ部分が日本にいると
多大にあると思うので躍起になってしまうのも
仕方がないような気もします。
点数であらわれたり、使える使えないが
きっぱり判定されたり...
ヨガは、私は今のところどこかで使うとか役立てる、
といった具体的な目標や比較基準がない
状態で学んでいるので、(いや、学んでいるかすら疑問です)ある意味お気楽状態なのかも
しれないです。
大きなプレッシャーを抱えつつ滑走しきる
キム・ヨナ選手は天晴れな発言ですが...

jamさん、すごく頑張ってらっしゃったり
楽しんだりなさっているように伝わってきます。
でもきっと、なにかを成し遂げるには
楽しいばかりではいられない状態にもなるだろうと想像してしまいます。
でも、楽しみつつ頑張れたとjamさんが
感じられることが一番なのでしょうね〜
甘くない世界なのかもしれないので私が
どうこう言えないのですが...

あ、そうそう、jamさんの書込みを
読ませていただいてハッとしたのですが
私に躍起になって愚痴をこぼした方も
問題はヨガではなくて生活の他の部分に
抱えてらっしゃるのかもしれないですね...
キモチのほころびって出やすい部分に
むにゅっとにじんで出てくるのかも
知れないな〜なんて思いました。

とんでもないです。書き込んでくださって
とても嬉しいです。
私もスッキリがなかなか....笑
最大の敵はやはり自分のようです。
| caori | 2007/07/15 1:50 AM |