[PR] 資格
偏屈者の眠い日 | ヒビノコトバ
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT

LINKS
MOBILE
qrcode
<< アクセサリ | MAIN | どようび >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |


今日は1日中眠かった。
体調の問題かな〜
しんどいだるいとかではないので
そんな日もあるってことで。

街のあちこちがクリスマス色が強くなってきた。
1年があっというまなのは企業の
「先取り」もずいぶん影響があると思う。
最近でこそ気温がややさがってきたが
あの蒸し暑さの残る日々に
「クリスマス」といわれても...
地球の北半球で暮らしてきた身には無理があった。
オーストラリアのクリスマスは真夏。
どんな感じなんだろうか。
半袖でむかえる新年。
ハワイなんかもそうなのかな。
もともとあれは聖なる日であって気温云々の
問題ではないのだが...ちゃんとしたクリスチャン
ではないので全くいい加減に毒されている私である。

話はかわるが最近「頼りになる店員さん」に
2回連続ではずれて「相談しなきゃよかった」
っと思えることがあった。

「このビーズ穴にこのチェーンは通りますか」
とパッケージのままもっていくと
確かめもせずに「無理です」と仏頂面。
悪いけれど、年齢のせいか経験のせいか、
ある程度「通る」か「通らないか」わかるもので
「おそらく通るだろう」とは思いつつ、
保険をかけるようなもので、念押しできいたのだが...
大丈夫だろうと買って確かめてみたら、やはり
「通った」
...
通ってくれなきゃ困るものだったのだが、
不思議と嬉しくないような気すらする瞬間だった。
たいていの手作り素材屋さんは私より知識が豊富だし
確かめるためにパッケージを開封してくれたりもする。
が、「傷がつくので」とそれすらも拒否されたし...
権限のないバイトさんにお願いしちゃったのかなぁ。
パーツを売る以上、ある程度の知識は持っていてほしいと
思ってしまった。
多分、研究熱心かどうかより商品に対して感心の
なさそうな態度が嫌だったのかもしれないなぁ...
仕事は楽しんだほうが自分もラクだと思える最近だ。


またまたわりと有名な洋服屋さんで。
ボートネックのカットソーのえりぐりがかなり
浅かったので、「首の付け根まで隠れるカンジでしょうか」
ときいてみたら全否定。
「いえ〜〜〜鎖骨ぐらいまでみえますよ〜
今きてらっしゃるのよりかなり深いですよ〜
お客様ならSサイズで(海外ものなので)
鎖骨みえるぐらいです〜」
っとのコトバを疑いつつ着てみれば....
余裕で首の1cm上ぐらいまで隠れる....
どうすりゃいいのよ、この空気。

「こんなもの」なのかな〜
今までわりといい店員さんやオーナーさんに
出会って来れていたということなのかな〜
売ってる服に愛情や接客にプライドがある方は
「今年はこれがよくでます〜」
とは決していわない。
うまくこちらをサポートし楽しませてくれる。
自分にとっても哀しい事だが
「私も同じのもってます」コメントは
私にとっての京都の「ぶぶづけ」みたいなもので、
「おいとましなくちゃ」
気分に一瞬で変える呪いの一言だ。
洋服への購買意欲が減退する瞬間。
マニュアルなのかなぁ...
だとしたら間違っているような。
ワンピースを買いに行って胸元の見え方を気にする私に
「巨乳でも大丈夫です」
なんていった店員さんもいたなぁ...笑
なんだか心からは笑えなくて買わず終いだったのだが。
(巨乳って...!!!女子も仕事場で冗談でなく
使える言葉になったのかしらと驚いた
親しい相手なら気にしないけど〜初対面...)

いや、まてよ。
私が偏屈なのかもしれないな。
バカの壁は自分自身なのかしらん???
歳のせいかカチカチ頭なのかしらん???

| 物申す | comments(2) | - |
| - | - | - |
いえいえ、全然カチカチ頭ではなく正当な事をおっしゃっておられますよ!
ヒビコトを激しくうなずきながら拝見しましたよ。

私も洋服を買いに行くとげんなりする接客をされて購買意欲が吹っ飛んでしまうことしばしばです。
あのマニュアル接客は本当に苦手です。「よく売れてます」「スタッフ全員持ってます」等等、私のことは全く見ていないという感じのコトバばかり。商品知識もあまりないような・・・。

そうこうしてると間が持たなくなって結局帰ってしまいます。「私も持っています」がそれこそ別れの挨拶、みたいな。スススス〜っと・・・。

素敵なお店は続々オープンしますが、大人の接客をしてくれるお店はだんだん少なくなってきた気がしますね。心地よい距離感で個人個人をよく見てくれる会話をしてくれる。もちろんしらじらしいお世辞は抜きで。あまりないんですよねぇ・・・。

辛口な事を申しますと、店員さんが先端の物で着飾る前にもう少し商品とかのお勉強をして欲しいなぁ・・・とカチカチカチカチ頭のワタクシは常々思っておりますよ。

あららら、何だか愚痴になってしまいましたね。ごめんなさい。愚痴っぽいのも歳のせい、ということで(笑)

失礼しました〜
| jam | 2007/11/15 2:41 PM |
jamさん...ありがとうございます。
何だか変竹林(へんちくりん?)な
コトが重なって...
この他にも顔色より明らかに二段階は暗い
ファンデでメーキャップをされたり...っと
懐かしいガングロギャルかと思いましたよ。
新鮮すぎて「ギャー!」でした。
珍事件絶え間ない日々です 笑
なんでしょうねえ。
多すぎるデザインや商品があふれている
せいか、それに携わる人が情報処理しきれて
ない現状というのか...
かくゆう私も自分の仕事のことを振り返れば
決して他人をあげつらうことなどできないのですが...
それにしても、「信じられるのは自分だけ」
なお店では買物しにくいですよね。

あ、私もそう思います。
アパレルの店員さんたちってすごい
ストレスだそうです。
服装とか体型とか...
着飾ることよりしゅっと本当の意味で
かっこ良くいてくだされば、こちらから
お伺いをたてたいほどなのに...
なので、たまに素敵な応対をしてくださる
方に合えると長々とハナシをしてしまいます。
あ、これって美容師さんもそうですよね〜
やたらとヘアケア用品をうりつけてくる
スタイリストさんなんか...「必死やなぁ」
っと思っちゃいます。
「今日は結構です。予算オーバーです」
といいにくいけれど言う事にしてます。
あの長い長い時間売りつけられると消耗
しきっちゃいますもんね...

「私も持ってます」は
「だから安心してくださいね」
なのか「流行ってますよ流行ってますよ〜!」
なのか....ぐるぐる
私はいつも「じゃ、いらないです」
ってなキブンになっちゃいます。
あ〜〜〜〜

jamさん、カチカチ頭、賛同してくださって
ありがとうございます。
小姑みたいな日々でございます。笑
| caori | 2007/11/16 1:08 AM |