[PR] 資格
帰宅〜 | ヒビノコトバ
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT

LINKS
MOBILE
qrcode
<< 年末気分マガザン | MAIN | 銀杏と空と珈琲と >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |


ただいま〜
クマモトより帰宅。
大阪はいい天気。
キッチン横の窓も青空!
この勢いで掃除して買物いってヨガにもいっちゃおうか...笑
デトックスデトックス。
クマモトの祖母の家で椅子生活時間が減りフロアライフな
ジャパニーズスタイル(?)なお家で暮らすと、
腰が痛くはならないまでもちょっと違和感。
故祖父のピアノの部屋にベッドを入れて
祖母の部屋のしようってことでソファやテーブルを
全部処分しちゃっていたので

椅子がなかった〜〜〜!

クマモト滞在中も「春?』ってぐらいの陽気。
ウツクしい景色にもしばしば...
また後日up予定。
この遅い晩秋が今回は有難かった!
寒いと色々はかどらないもんだったりするらしく。
何より有難かったのは、最悪だった夏よりは母の
精神状態も幾分前向きになっていて。
祖母は困った患者さんではないけれど、連日一人で
向き合うというのはなかなかキツいよう。
(まだ入院中なのだが...)
看る側も看られる側も新しい生活を受け入れる準備が
ないままに、無情にも時は突き進み、立ち止まっては
いられないゲンジツがあるってことだ。

母も学生時代は東京でその後は転勤族の父とともに
関西を点々とした。
つまり、友人や拠点は大阪にあるわけで...
いきなりの帰郷は還暦前の女性にはショックも
大きかったようだ。
(若くても大変だよなぁ)
一人での食事や暮らしというのはやはり心をむしばんで
しまう。
人間の大敵は不信感とさみしさであるなぁと実感。

今回は気晴らし ができたようでよかったよかった。
ガスがたまるとユトリがなくなって
いいものも悪くみえてくるものだから...
目的を達成できないと嘆きながら
「ああだったからこうなった」
を繰り返し吐露する母が不憫になりつつ
「かなり敏感に『外的要因に左右されやすい』ねえ」
というとアタリだったらしく苦笑していた。

クマモトの家のバイアフリーへの改装は一応終了。
あとは片付けと母が覚悟して祖母を退院させる...
っとの段取り。
どちらにしても一人では無理だろうなぁ
と本人も私も今後を考えると不安がないでもないが。。。
イイ事に目を向けてみれば、新しくなった家のトイレや
お風呂などは素直にキモチよいもので。
一緒にフランフランにでかけてあれこれ揃えたりした。
洗面所にかける鏡はいまだ悩み中。
(母はあるお店で彼女らしからぬ、アール・デコな
「バラ〜&マリー・アントワネット〜」な鏡を
みつけていたようだが...一緒に見に行って...
悪いけれどヤンワリ却下。
本人も「血迷ってたのねえ」との談。
「どうしても欲しければ買えば?」っとだけ伝えてみた。)
昔ながらのタイルのお風呂も素敵だったのだが...
残念だがしょうがない。
(写真とっておけばよかったかな)
キャンドルの購入をすすめたら「仏壇のがいっぱいあるけど」
というので「チガウ!」っと首を激しく横にふって
キャンドルアロマ・バスをやってみたら



「風流でいい」
(この表現がなんとも世代の違う解釈っぽい...笑)
と母もはまって、新しくできた小窓にならべ
小さな灯りを眺めながら浴槽に身を預け
バスタイムを楽しんでくれているようだ。

こういう小さなこと。
気持ちがどうにもならないときの風穴になってくれればと思う。

私は私で自分の生活もちゃんとしなきゃ〜 だ。
早寝早起きで三食きっちり食事を決まった時間に
って子供時代は当たり前だった習慣はつくづく
カラダにとっていいのだな〜と思い出した。

イイ歳になっている娘だが、以前とは違うペースで
母と向き合えるようになった今の時間に感謝だ。
祖母の件がなかったら一緒に並んで歩く時間や
ゴハンを食べる時間がこんなにあっただろうかと
考えると、悪いことはただただ悪い事ではないよう
な気もしてくる。

誰でもいつかは命がおしまいになる。

みんなそうだし、そうだったのだ。
でも歳をとっておしまいに実は近づいているとは
日々考えにくく、若くあると思いたいものだ。
年寄りになる日がくるとは思えない。
誰かと関わっている限り、自分という人間の一生には
自分の中だけで完結する以上に、何か他にも意味が
あると思えてならない。


青りんご 御礼 赤りんご
更新ができない日々も見に来て下さった方々...
いらっしゃいましたら、本当に有難うございました。
そして更新が遅くなってしまってごめんなさい。
なんでもない自己完結型日常ブログ、
読んで下さる方々に改めて感謝でございます。

| クマモト 2007.11 | comments(4) | - |
| - | - | - |
お帰りなさい!
ここ数日、暖かい日が続いていましたので、何かをしなきゃいけないのには有難かったですね。
「風流」なバスタイムも楽しそうですね。(笑)
おばあ様、ずいぶん回復されたようで本当によかった。
caoriさんもお疲れ様でした。
| いもあん | 2007/11/30 10:09 PM |
caoriさん、おかえりなさい! お疲れさまでした。

caoriさんがいらっしゃるってことで、おかあさまも、おばあさまも、本当にとってもとっても助けられているでしょうし、安心でしょうし、嬉しいでしょうね。

おかあさまにとってはお辛い日々かと思いますが、それでも、caoriさんがいらっしゃるということで、ふたりで鏡を見にいったりした思い出が、ずっと後、辛さが色あせるぐらいずっと後に、なつかしい幸せな思い出になるんでしょうね。

わたしたちの世代になると、だんだんリアルな問題になってきて、そのうちどうあがいてもしっかり向き合うしかない大変さなのかもしれないけれど、それでもその中で、おふろにキャンドル(おかあさま、可愛いです)を灯したりすること、大切にしていけるcaoriさん、ホントに素敵です。
わたしも、見習おうって思いましたよ。

まずは、ゆっくり休んでくださいね。
| Seonfa | 2007/11/30 11:28 PM |
いもあんさん、こんばんは。
県庁の銀杏をみにいきました。
母のたっての希望で夕方、お見舞いの帰りに
むりやり〜〜〜
はじめて中をあるいてみましたがものすごっく
キレイですね!!!
いもあんさん、お近くなのかしら...などと
おもいながらでした。
本当に暖かい日が続きましたよね。
着いた日からどんどん過ごしやすくなって
いくのはまるで春になるようでした。

バスタイム、笑っちゃうでしょう 笑
ちょっと解釈がズレてるんですけど
きもちよいようなのでよしとしました。笑

いつもバタバタでふとんに倒れ込んで
眠るようなスケジュールなので
なかなかお誘いもできず...もったいない!!!

コメント嬉しかったです。ありがとうございました。
やはりやはりクマモトは木や街や空がキレイです。
| caori | 2007/11/30 11:33 PM |
Seonfaさん こんばんは。
むう。
ありがとうございます。
そうなんですよね。リアルですよね。
やっぱりこればっかりは順番でして。
そして誰しもが初めて体験すること...
オシゴトで他の方を看た事があればあったで
いいこともわるいこともあるそうで...
知っているからユトリが持てることと
知らなきゃラクだったこと...などなど
あるそうです。
やはり自分の親が倒れて自由がきかなく
なるというのは、なかなかにヘビィな
問題であるようです。
Seonfaさんも離れてらっしゃるので色々
ご心配がおありでしょうね...

なるべく穏やかに優しい日々が
1日でもあることを願ってしまいます。
私は本当に祖母に今まで何でもしてもらって
きたので、これぐらいはってカンジなんです。
実際、急に行ってもガス抜きぐらいの役に
しかたてないのですがはけ口に少しでも
なるのならいいかな〜って感じです。
クッションみたいなカンジでしかできないのですが。

頭を突っ込んで「辛い」スパイラルに
巻き込まれると楽しいことが他にも
あるよっていう余裕がなくなっちゃうのですよねえ。。。
キャンドル、めんどくさくなっちゃうかな〜
っと思いつつ。おぼえてたらどこかで楽しむ
とまではいかなくても小さな「非日常」に
逃げられたら...ってささやかすぎなんですが。


Seonfaさん、ありがとうございます。
ジンワリしました。
早速ハードヨガにいってキモチよくなって
笑顔で帰宅しました〜
これがあってよかったな〜って思います。

コメント、嬉しかったです。
ほんとありがとうございます!!
| caori | 2007/11/30 11:46 PM |