[PR] 資格
寒春歩き | ヒビノコトバ
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT

LINKS
MOBILE
qrcode
<< カード | MAIN | 自覚できるユトリ >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
用事がてら近所を散歩。
夕方に向かう時間が好きなので3時ぐらいから。
寒いから長Tにジーンズのうえにダウンを着て
モコモコで恐いものなしで歩く。
あ、カメラっと思い、取りに戻ってよかった。
今日はいつもとちがう道のりで郵便局へ。





この辺りは地元の人が多いので蔵まである
旧家がいっぱい。
立派な日本家屋には堂々とした庭や門が新鮮。



畑になる前の状態かな...?
シロツメクサがモコモコとキモチ良さそうだ。





寒いけど青空。



途中で小学校からいっぱいコドモがでてきた。
3年生ぐらいかな、私の胸ぐらいまでの子達がいっぱい。
田舎道が小学生の海になった。
まきこまれてみると色んなおしゃべりがきこえてきて
面白かった。



シロツメクサのブーケ。
周囲のコンクリと苔の色がキレイ。



タンポポってビビッドだなぁ。
遠くからでも奥まった道ばたなのによく見えた。

用事をすませて、ブラブラしながら園芸ショップへ
いってみたけど本日定休。
それならばっといつもの小さな本屋へ。
レジで「袋はいりません」とお願いすると
店主のおじいちゃんがビクッとした。
この前ここで同じ事をいってみたときも
ビクッとしておられたなぁ。笑
そして何もお願いしない日よりも丁寧な
「ありがとうございました」を目を見て言ってもらえる。
いえ、いらないのです。
他に使い道がないので。
こちらこそややこしいこといいますが...って
言わないけどそんなキモチになりつつ。
それから折角1時間以上も徒歩してカロリーを
消費したけれど和菓子屋さんへ。
何だかキブンいいので甘いものが食べたい。
桜餅と苺大福を。
ここのは小さいけれど美味しい。
小さな白い箱に入れてくれたので「袋はいらないです。
ここにいれます。」と大きなピンクのバッグをみせた。
店員さんは「和菓子なので倒されますと...」
っと「もの申す」な口ごもりだったけれど
「ごめんなさい。いらないのです。」と伝える。
さっきの本と和菓子だけなので袋の中は不安定。
でもいいのだ。
私が食べるのだから。
でも、まあ、気をつけて歩く。
作った人の思いも感じるし。



畑用の用水路に夕日とコトリを発見。
近づいたら逃げられた。



私の住むハイツの大家さんの畑の、菜の花。
(の がいっぱいだ)
お願いしたらもっと近くで撮らせてもらえそう。
虫が恐いけど〜
大家さんの日本家屋もものすごい。



夕方になっても随分日が長くなってきた。
西の空はこんなにドラマチックだ!寒そう!笑
ドラキュラだかベムだか魔女だかがおりてきそう。

15年程前、西宮から大阪の田舎に越してきた頃は
嫌で嫌でしょうがなかった。
ものすごい坂道や、電車にのって美容院にいかなくちゃ
いけないこと、好きなshopが近くにないこと...
自転車に乗ると、いきはよいよい、帰りはゼーハー...
(逆もあり)
だけど、田舎っていいのかも、とはじめて思い始めた。
空や花や木や空気がこんなに奇麗なものだなんて。

なんて思いながら坂道をくだっていたら
後ろからなにかが突進してきてバッグにぶらさがった。
「こんにちは〜」
小さな女の子だ。
「今日私の誕生日なの!」
と笑顔。
どうやら人違いをしたわけでもなさそうで。
「へえ〜おめでとう!よかったね。何歳になるの?」
というと、
「8歳。今から塾にいくねん」
と教えてくれた。
「ほんまに〜がんばりや〜〜」
とたてまえをいいながら、
「おばちゃんはおうちで和菓子を食べるねん。ウヒヒ」
と答えそうになった。(コドモだ...)
お祝いになにかあげるものをもってなくて残念。
やっぱりさっき花屋さんで何か買えばよかったかな。
食べ物は親御さんが気持ち悪く思うだろうからなぁ...



ああ、いい散歩だった。
最後の女の子はかなり嬉しいサプライズ。
小さな子としゃべるのは照れるしドキドキ
するけれどふっと何かを軽くしてくれるなぁ。
夕焼けの小さな部屋に帰ってきて、
カチリとコンロをひねりポットにお湯を沸かして
ファンヒーターのスイッチをオンにしながら、
ものすごく幸せなキモチになった。
| 季節がうごく | comments(4) | - |
| - | - | - |
こんばんは。素敵なお散歩写真ですねぇ。春の空はこんなにドラマチックだったとは・・・。caoriさんと女の子の出会いもドラマチックやし・・・(笑)こんな出会い、良いですね。ほのぼの。菜の花が咲いてるのは見かけましたが、たんぽぽはまだ見てません。ああ、寒いながらも咲いているんですねぇ。私もぷらっと探しに行って見ます。
| jam | 2007/03/20 9:43 PM |
jamさんこんばんは。
ありがとうございます。
個人的にほんっと楽しかったので笑ココに
アップしてしまいました。
今年の春は不思議です。
寒暖入り乱れてドラマチックなようです。
菜の花、jamさんもみられたのですね!
鮮やかなキイロや白の花がいっぱいでした。
女の子...なんだったのでしょう。
誕生日で嬉しくてしょうがなかったのかな?
なんの隔たりもなくスッと入ってくるパワーに
ハッとさせられました。
たんぽぽ、電柱の下のアスファルトなんかに逞しく
咲いてるみたいです。
jamさんのお散歩、楽しみです。
何かいいことあるといいですね〜
| caori | 2007/03/20 11:36 PM |
こんにちは〜。

まだ寒いですけど、天気が良いと家にじっと
していられなくなります。
人が丁寧に植えてある花も見てて嬉しいですが、
自生して、季節になるとちゃんと咲いている花を
みつけると「頑張ってるね〜」と嬉しくなります。
子供は無邪気で素直でいいです。
自分の誕生日、忘れるようになったのはいつからだろう…。


| nenen | 2007/03/22 9:16 AM |
nenenさんこんにちは。
今日ぐらいから寒さも少しましだそうですね。
ほんっと不思議な冬でした〜
今の時期お天気だと外へでたくてウズウズしますよね。
私もです。
ほんとそうですね〜自生しているお花って
奇麗だな〜って思います。
毎年ちゃんと同じところで繰り返しを行ってて、
破壊されてなければ増えてたりして
逞しいですよね!

小さな女の子にはびっくり、そして元気をもらいました。
あんな無邪気なカンジ、いいな〜って思います。
自分の誕生日...(違う意味で)忘れたい笑
nenenさんは「お母さん」もやっておられるから
与えることが日常にいっぱいでご自分のお誕生日
どころではないこともあるのでしょうね。
母はやっぱり素敵です。
寧々ちゃんがお祝いなさる日ももうすぐかもです。
楽しみですね。
| caori | 2007/03/22 12:05 PM |