[PR] 資格
ママのともだち | ヒビノコトバ
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT

LINKS
MOBILE
qrcode
<< ゴネだったりヨイコだったり | MAIN | あ! >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
 

10歳ほど年下のママがつれだしてくれる。
小さな車をとばして三歳と一歳のコドモをのせて
びゅんびゅん。
彼女は私と全然違う人生をあるいてきた人で
コドモをもたなければきっと御互い出会うこと
がなかっただけでなく、もし出会っても一緒に
時間をすごす意義をみいだせなかっただろう。
交わることの意味を見いだす努力も
かかわることへの労力もはらわなかったで
あろう相手だ。
それはきっと彼女も同じだろう。
全く毛色が似ていない。
でもあるところは不可侵でデリケートに関わって
くれているのがわかる。
私を大事にしていてくれるのがわかる。
申し訳ない程。
いつもサッとカラダが動いて助けてくれたり
ハルトの必要なものを差し出してくれる。
子育ての方針は全く違うのだけれど
生きて行く上で大事だと信じているところは、
実は同じなのではないかと思わされる。
学ばされる。
賛同できないことも多いのに(御互い)なのに
困っていれば助けてくれる。
困らないように配慮してくれさえする。
またまたしてもらってばかりになっていないかしら。
なんて心配が湧く程だ。
不思議なことにあまりに不一致な事が多いのに
ラクなのだ。
競うこともなければ無理な頑張りも要求されて
いなくて...
一番自分が弱くなっている時に出会えたママともだち
なのかもしれない。
今は自由に動き回れた私ではない。
おしゃれを楽しむことも自由でなければ今日の食材を
買いにいくこともままならない日もあり
誰かに
「たすけてください」
をちゃんと言わないと今日がおわらない日もある。
「なるべくできることは自分で」
をやりすぎるとパンクして後始末に数ヶ月なんて
こともあって懲りた。
要領が悪いから自分で埋められないところは誰かに
埋めてもらってよいしょしてもらってなりたって
いる毎日なのだ。
そんなことを実感する日々。
いらつかないわけもなく。
でも前とは違ういらだち。
自分の苦手だったこところを伸ばす、ひっぱりだす
過程のいらだちのように思える。

 

ホットケーキ。
数年前にもらいっぱなしにしていた小さな
ホットプレートの出番。
なんでもとっておくと役に立つ....のかな?笑
小さなホットケーキをやくとハルトが
喜んでどんどん食べる。
私の分がなくなるほど食べる。
大きいのをきりわけるより美味しいらしい。
なんか、わかるかも。
| チビッコのヒビ | comments(0) | - |
| - | - | - |